2013年12月09日

【法務系Tips Advent Calendar】本当は怖い?産廃の契約書

法務系Tips Advent Calendar 2013のバトンをhiro_oceanさんから受け取りました。

私のような傍流も傍流の者が、こんなところにお邪魔していいものか迷いましたが、産廃の契約書を扱う可能性がある方で、もしこのことをご存じない方が一人でもいらっしゃるのであれば、多少なりとも意義があることかもしれないと思い、恥ずかしながら書くことにしました(前置きが長いよ)




実際、社内で法務の課長などからも「ちょっと教えて」(そんなに優しい言い方じゃないけど)と聞かれることの多い、産廃の契約書のお話です。


廃棄物処理法では、このような規定があります。

施行規則第八条の四の二(委託契約に含まれるべき事項)

六  委託者の有する委託した産業廃棄物の適正な処理のために必要な次に掲げる事項に関する情報

イ 当該産業廃棄物の性状及び荷姿に関する事項
ロ 通常の保管状況の下での腐敗、揮発等当該産業廃棄物の性状の変化に関する事項
ハ 他の廃棄物との混合等により生ずる支障に関する事項
ニ 当該産業廃棄物が次に掲げる産業廃棄物であつて、日本工業規格C〇九五〇号に規定する含有マークが付されたものである場合には、当該含有マークの表示に関する事項
(略)
ホ 委託する産業廃棄物に石綿含有産業廃棄物が含まれる場合は、その旨
ヘ その他当該産業廃棄物を取り扱う際に注意すべき事項



「告知義務」や「情報伝達義務」などと呼んだりしますが、排出事業者は、処理業者が安全かつ間違いなく廃棄物を処理できるよう、これだけの廃棄物に関する情報を契約の際に処理業者に伝える義務があります。条文上は契約書の法定記載事項という形で表現されています。

この規定は、廃棄物処理法12条6項 → 施行令6条の2 と繋がっています。はい、できていないと立派な委託基準違反です。罰則(26条1項)付きです。

法定記載事項ですから、全産廃連や自治体、処理業者などの契約書フォームでは、概ねどれも、ちゃんと甲の義務として言及はされています・・・されていますが、そこで終わっていることが問題です。「あぁ、これはよく見る内容の産廃の契約書だよね」(←弊社法務課長の実際のコメント)と安心してはいけません。

法務が廃棄物管理実務に疎いと、契約書としては特段支障がある条項ではなく、またその義務履行は「当然、依頼部門がやるだろう」と考えてあまり気に留めないが、依頼部門は契約書は法務に任せきりで中身をほとんど見ておらず、結果的に(文書での)情報伝達がされていないことが、少なからず起こり得るからです。

わかりにくさの原因は、法令が文書による情報伝達の義務履行まで要求しているにもかかわらず、一般の契約書フォームが甲の義務を記載したところで終わっている、このギャップにあります。

そこで私は、契約書のフォームに独自の簡単な情報提供フォームを組み込んで使用しています。やはり空欄の書類が残っているのは気持ちが悪いもので、これなに?と気付いていもらえれば、それだけでも多少なりとも漏れを防ぐことができると思います。

ちなみに、一般的な情報提供フォームとしては、環境省の「廃棄物データシート」(WDS)があります。ガイドラインの位置付けですので、必ず使わなければいけないものではありません。詳細な記載を要求されるので、何でもかんでもWDSを使うと管理実務が大変になりますが、環境省も特に推奨している「汚泥」「廃油」「廃酸」「廃アルカリ」の4品目(いずれも中身がわかりにくい)では、面倒でもWDS(もしくはそれと同等のもの)を使ったほうが良いでしょう。

情報伝達がされていなかったり不十分だったりすると、ただの契約違反だけでは済まず、結果的に、あんなことになったり、こんなことになったり(こちらの事件はまだ原因が特定されていませんが)と、思わぬ大事故に発展するリスクがありますから、そのときに法令違反など見つかって自社のせいにされないためにも、最低限、自社の義務履行はぬかりなく。

あ、もちろん、契約書に添付する場合でも、情報提供内容のみ改訂して単体で出す場合でも、一方的に渡して終わってはいけません。契約書や覚書と同様の扱いです。法的な義務履行のエビデンスですからね。事故が起こった後で処理業者が「知らなかった」「もらってない」としらばっくれても知りませんよ。

それでは、次はhayayatryseven2011さんにバトンをお渡しします。よろしくお願いします。

posted by JUN at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/382223894
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

トラックバックは承認後の反映で、テーマが無関係な場合は承認しないことがあります。言及やリンクは歓迎しますが、必須ではありません。
 【参考】トラックバックとは


このページは、一会社員が個人で作成しているもので、勤務先とは無関係です。
このページは、できるだけ高い独立性を維持するため、Seesaa BLOGその他の各種サービス提供者が自己の運営のために掲載するものを除き、あらゆるかたちの広告を排除しています。
Copyright(C) 2006-2016 JUN. All Right Reserved.